アイアンの飛距離の目安は?飛距離アップへの為に必要なものとは?

スライスとフックの原因と対処法|アイアン飛距離アップへの道

アイアン飛距離アップへの道>アイアンの悩み>スライスとフック

スライスとフックの原因と対処法

スライスとフックは自分の持ち球だとも言えますが、(持ち球の場合、フェード、ドローと呼びますが)
常にまっすぐに球を打つことはできませんので、ある程度球は曲がるものです。

右利きの方の場合のスライスは右へボールが大きく曲がる、逆にフックはボールが左へ曲がることです。

スライスとフックの悩み

理由は簡単で球にヘッドが球にあたる際に、
フェースが開いていたり(スライス)閉じていたりすることです(フック)。

なぜそのようなことが起きるのかは、一概に言えません。

グリップやスタンス、体重移動などがありますが、特に多くの方が悩んでいるスライスについての解説をいたします。

スライスの対策

●腕と肩でスイング

まずスイングを始める際に癖としてコックをしてしまう人がいます。
コックをした状態でそのままスイングをすれば、当然フェースは開いてしまいます。

ですからコックでバックスイングを主導するのでなく、腕と肩でスイングを主導するようにしましょう。


●インサイドアウト

また、まっすぐ球を飛ばすためには、インサイドアウト
(テークバックの際には、内側に引き、その後のスイングは外側に押し出す)
する必要がありますが、逆にアウトサイドインになっている方が多くみられます。

アウトサイドインということは、球をカットして打つことになるので、
球にサイドスピンがかかり、大きく曲がるということになってしまいます。


●体重移動

あとは体重移動です。

左足に壁をしっかり作り、フェースが球にあたるまでは左に体が流れないようにすること、
右側に体重を残しておくことが必要だと思います。


ただ、ショートアイアンなどはサイドスピンよりもバックスピンの方が勝ってしまうため、
あまりスライスやフックをする方はいないと思います。

ロフト角の低いドライバーやロングアイアンに起こりやすいことです。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional