アイアンの飛距離の目安は?飛距離アップへの為に必要なものとは?

ハザードを意識しない!するほど・・・|アイアン飛距離アップへの道

アイアン飛距離アップへの道 > スコアメイクの秘訣 > ハザードを意識しない

ハザードを意識しない!するほど・・・

ハザード(障害物バンカーやラフ)やOBを意識しなければならないコース設計がしてあるのがほとんどのコースです。

ゴルフはコースとの戦いと呼ばれる所以でもあります。

通常の場合はハザードを避けようと思い、その方向へは打ってはいけないと思ってしまいがちですが、
それが大きな間違いのようです。


人間の脳は意識する方向へ球を打ってしまう傾向にあるようです

ある方向へは打ってはいけないというネガティブな考え方ではなく、
この方向へ打つ!というポジティブな考え方でショットをすべきだと思います。

本当に不思議なことですが、一度ハザードにボールを入れてしまうと、
2打目、3打目もハザードに入ってしまうなど、ハザード地獄に陥ることになります。


従って、あくまでも、ハザードに入れないことを考えるのではなく、
目標を決めてそこに打つという考え方のみを持つようにしましょう。

ハザード地獄に陥るということは、すでにコースと自分に負けているようなものです。

ミスはミスと割り切って次へ

また、ハザードに入った際の対応はアイアンですることが多いです。

ひどい状態の場合はバンカーやラフからは出すだけ、
妙に一打目のミスを取り戻そうと飛距離を伸ばしてなんとかパーしようなどと考えてはいけません。


ミスはミス。すでに一打は損をしたと割り切って、次の一打がしっかり打てるような対応をすべきです。

次の一打がしっかり打てれば、アプローチやパットでパーを取れることもできるのです

ハザードはコースの罠です。決してコースに負けないようにしましょう。



前へ前のページ「アイアンショットが重要なわけ


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional