アイアンの飛距離の目安は?飛距離アップへの為に必要なものとは?

スイングリズムを固めるためには!|アイアン飛距離アップへの道

アイアン飛距離アップへの道>アイアンの飛距離アップ>スイングリズム

スイングリズムを固めるためには!

どんなスポーツでも言えることですが、まずはご自身の(スイングの)リズムを固めることが必要です。

よく「チャー・シュー・メン」などと言われますが、これがとても大切なことなのです。

さまざまな小技や大技の練習をしていくうちに、スイングのリズムを悪くしていることがあります。
打球が綺麗に飛ばなければリズムでなく、小手先の方法で直しがちです。


より良い改善の方法はとても簡単で、ターゲットを決めたら、しっかりとターゲットに向けたスタンスをとり、
距離をより以上に出そうと考えるのではなく、力を抜いてそのまま楽にスイングをするのです。

ターゲットへの意識が強すぎますと、スイング中に力を緩めたり、反対にパンチが入ることにより
結果的にミスショットに繋がるのです。

自分に合ったスイングリズムを見つける

どうスイングしたら良いかわからない」などとつぶやく人もいますが、
これこそ典型的なリズムの崩壊だと思ってください。

自分に見合ったスイングリズムを見つけるための練習方法として、普通にアドレスを取り、右手にアイアンを握り、
右足に体重を掛けたら、左サイドに体重を掛けます。


そして改めて左サイドから右サイドに体重移動する際にクラブも自然にトップへ移し、
ダウンスイングをするという一連の流れです。

これでスイングリズムに悩んでいる方は少し解消できると思います。


また、特にコースに出た際には、緊張も手伝って、早打ちや手打ちになることがあります

そんな時こそ基本的に立ち返って、心穏やかに、ゆっくりリズムのスイングをするように心がけてください。




 前へ前のページ「腰の回転と左手主導の握りが重要!


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional