アイアンの飛距離の目安は?飛距離アップへの為に必要なものとは?

曲がらない球を打つには?|アイアン飛距離アップへの道

アイアン飛距離アップへの道>アイアンの飛距離アップ>曲がらない球

曲がらない球を打つには?

ゴルフでいつもまっすぐな球を打てる人はいないでしょう?
曲がらない球を打つにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは集中力、癖を直すよう考えること、定期的な練習などが必要です。


球が曲がるということは、しっかり球をとらえられていないということです。

スイングがおかしかったり、球にあたる際のヘッドの向きがバラバラだったりすることだと思います。

ご自身の固まったスイングをすることが練習の第一ですが、時には曲がる球も必要な場合があります。


風の影響で、ドローボール(右利きの人は左へ曲げる球)やスライスボール(右利きの方は右へ曲げる球)
などを打ち分けなくてはなりません。

簡単にそうできるとは言えませんが、上級者の方はまっすぐな球を含めて、
状況に応じて曲げる球の技術を習得していただきたいものです。

まずはまっすぐの球でホールを目指す

まずは曲がらないティーショットができた上で、セカンドショット(アイアン)もしっかりできれば良いでしょう。

目的のホールは決まっているので、まずは、変に曲げようと思ったり、小細工をしようとすることなどなく、
基本的にはまっすぐに目標のホールを目指せることが良いと思います。


よくプロの試合などで障害物があり、それを免れてグリーンオンなどをいうこともありますね。

プロがやっていると、いとも簡単そうに見えるかもしれませんが、そんなことはありません。


初心者の場合、悪い位置からのショットは、無理をせず次につながるようなショットをしておくのがベストでしょう。

慣れてきたら、徐々に曲げる球も練習していけばいいと思います。



 


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional