アイアンの飛距離の目安は?飛距離アップへの為に必要なものとは?

腰の回転と左手主導の握りが重要!|アイアン飛距離アップへの道

アイアン飛距離アップへの道>アイアンの飛距離アップ>腰の回転と左手主導

腰の回転と左手主導の握りが重要!

ゴルフで最も大切なことは腰を使って体全体で球にクラブフェースを当てることです。
手打ちでは飛距離も出ません。

また、飛ばないので力を入れすぎますと逆効果で、スイングも早くなりますし、より手打ちになってしまうものです


また、力が入りますと右利きの方は右手に力が入ってしまいます。

脱力することと、腰の回転、左手主導の握り、この3点に留意し、改造をすればスイングはかなり変わると思います。


軸やスイングプレーンなどは二の次で、見た目の形をどれだけ繕ってもスコアが伸びることはありません。

軌道や軸はスイングの質で必然的に生まれるものです。
素振りくらいに伸び伸びと振ることがスイングでは大事なことです。

球にしっかり当てることは、スイングという基礎が備わった人が取り組む課題であり、
腰を回さずに手だけで球に当てるゴルフをしてきた人が、優先して取り組むことではないと思います。

まず考えるポイント

軸や軌道などは二の次で良いから、まずは体を使うこと
当てに行けばいくほど大きなミスをすることになります。

踏み込んで、腰をしっかり切って、体全体とシャフトの長さを利用してヘッドを走らせる努力をすること。
それが最も大切です。


腰の切れが悪い時は、左足のつま先を思い切ってひらくこともよろしいかと思います。
オープンスタンスではなく・・。脱力と腰の回転を主体に左へ振り切るトレーニングです。

目標に背中を向けたまま、頭を右足の上に残して、腰を切って左へ降ることです。
フィニッシュがキレイにとれればおそらくスイングもキレイにできているはずです。

改めて脱力、腰の回転、左手主導ということを念頭に置いて練習をするようにしましょう。





powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional